皆さんは、菅原道真という人を知っていますか?平安時代の学者で、学問の神様と呼ばれる人です。彼の功績は、やはり、遣唐使を廃止した。これに尽きると思います。遣唐使の廃止のお陰で、日本文化は、「源氏物語」「土佐日記」「枕草子」などと言った日本独自の文化つまり、国風文化が栄えました。何故、彼は、遣唐使廃止を朝廷に進言したのか?と言うと、やはり唐が衰退していたからです。つまり、菅原道真は先進文明の問題点を見抜いていたのです。もし、菅原道真が平成の世にいるなら、「欧米や中国とは、あまり付き合う必要はない。」と言うでしょう。もし、彼が生きていたら、日本はよい国になっただろうに。