歩いていると、賑やかな声が聞こえたので、近寄って見るとパブが。

f:id:usingo:20170826030839j:image

Nicolsons系列のパブで、名前の由来になっているSir Christopher というのは、エリザベスエリザベス1世の愛人との噂があったことで有名とのこと。そのSir Christopher がジュエリーの取引をしていた跡地のパブ。

f:id:usingo:20170826033626j:image

入口の前には人が溢れかえっている。で、中に入ってみてびっくり。

ガラガラ。。←ドアを開ける音ではなく、人がいないということ。

f:id:usingo:20170826033946j:image

そう思っていると、7時を過ぎた辺りから、徐々に人が入り始める。

f:id:usingo:20170826034055j:image

でも中は心地よく空いていて嬉しい。

取り敢えず、Mortimers Orhardというサイダーを注文。とても冷えていて、喉の乾きが潤って美味しい。

f:id:usingo:20170826035627j:image

ビールの種類も豊富。

f:id:usingo:20170826035847j:image

料理も美味しそうだし、居心地もいいし、また再訪してみたい。

f:id:usingo:20170826035914j:image

f:id:usingo:20170826035628j:image

f:id:usingo:20170826035846j:image

f:id:usingo:20170826035913j:image

f:id:usingo:20170826040010j:image